RADWIMPS(ラッドウィンプス)ライブDVD『Human Bloom Tour 2017』10/18発売決定!予約開始

RADWIMPS(ラッドウィンプス)の2017年2/25~5/10まで行われた全国ツアー「Human Bloom Tour 2017(ヒューマンブルーム)」のDVDとBlu-rayの発売が2017年10月18日(水)に決まり、楽天ブックス等、通販サイトでは予約受付が開始しました。

『Human Bloom Tour 2017』DVD&Blu-ray

2016年に発売したラッドのアルバム『人間開花』を軸に行われたヒューマンブルーム・ツアー2017より、4月30日(日)のさいたまスーパーアリーナ公演の模様を中心に収録したDVD&Blu-ray!

完全生産限定盤通常盤ライブアルバムの3タイプでリリースされますが、各BD版DVD版のほか、期間限定盤初回限定盤等、細かく分かれていますのでご予約の際はご注意ください。

完全生産限定盤にはライブ写真を盛り込んだ豪華フォトブックレットとライブCD2枚が同梱されるほか、フリースタイルで披露された各地のアンコールの様子が特典映像として収められます。

参考価格(税込み)&仕様

  • 完全生産限定盤BD盤・13,500円/1BD+ 2CD/豪華フォトブックレット/特典映像
  • 完全生産限定盤DVD盤・12,420円/2DVD + 2CD/豪華フォトブックレット/特典映像
  • 通常盤BD版・6,804円/
  • 通常盤DVD版・6,264円/
  • ライブアルバム期間限定盤・3,780円/2CD/完全生産限定盤のCDと同内容の音源を収録予定
  • ライブアルバム初回限定盤・3,240円/ミュージックカード/シリアルコード記載

ご予約はこちらからどうぞ

※楽天ブックス 7/26時点 完全生産限定盤通常盤23%オフ

楽天ブックス 完全生産限定盤BD盤
Human Bloom Tour 2017(完全生産限定盤)【Blu-ray】 …
楽天ブックス 完全生産限定盤DVD盤
Human Bloom Tour 2017(完全生産限定盤) [ RADWIMPS ]
楽天ブックス 通常盤BD版
Human Bloom Tour 2017(通常盤)【Blu-ray】 [ RA…
楽天ブックス 通常盤DVD版
Human Bloom Tour 2017(通常盤) [ RADWIMPS ]
楽天ブックス ライブアルバム期間限定盤
タイトル未定 (期間限定盤 ライブCD) [ RADWIMPS ]
楽天ブックス ライブアルバム初回限定盤
タイトル未定 (初回限定盤 ミュージックカード) [ RADWIMPS ]

★「ミュージックカード」とは…
お持ちのPC・スマートフォンに楽曲を取り込むことで、お好きな音楽プレイヤー(iTunesなど)で再生することができるサービスです。
本作品では、CD2枚組で販売されるライブアルバムの収録曲をダウンロードいただけます。
(ダウンロード有効期限:2018年3月31日まで)

★「プレイパス」とは…
レコチョクによるプレイパスアプリをダウンロードのうえ、購入したCDをPCに取り込んでから転送することなくスマートフォンに
ライブアルバムの収録曲を全て、簡単にダウンロード・再生することができます。
(ダウンロード有効期限:2018年3月31日まで)

Amazon検索:Human Bloom Tour 2017

セブンネット

タワーレコード

ツタヤ

mu-moショップ

Neo wing

「Human Bloom Tour 2017」トレーラー動画も公開中


2017年8月19日(土)に開催される「MONSTER baSH 2017」への出演が決定しているRADWIMPS。2016年は映画「君の名は」のサウンドトラックそのものとなったRADWIMPSのアルバム「君の名は。」が爆発的ヒットを生みだし、また、2017年12月4日、5日に開催される「君の名は」オーケストラコンサートにも出演が決定、東京国際フォーラムにて東京フィルハーモニーと共演するなど、更に大きく羽ばたいていくRADWIMPSです。

http://release55.com/reservation/kiminona/

また、嵐・松本潤くんと女優の有村架純さんが主演を務める2017年10月7日公開の映画「ナラタージュ」の主題歌を手掛けているのもRADWIMPSの野田洋次郎さん。

松潤主演映画『ナラタージュ』主題歌10/4発売!気になるadieu(アデュー)の正体は?RADWIMPS・野田洋次郎、作
嵐・松本潤くんと女優の有村架純さんが主演を務める話題の2017年10月7日公開の映画「ナラタージュ」の主題歌を歌うadieu(アデュ...

その才能を余すことなく発揮しつつある野田洋次郎さんの今後の活動に、ますます注目が集まりそうですね。