【一人暮らし】新生活で揃えたい家具一式&かかる費用の目安

初めての一人暮らし。両親や家族等、さまざまな人の意見を聞くの大切ですが、やはり新生活で使用する家具はできるだけ自分自身が選び、自分が気に入ったものを購入するのがいいでしょう。いったん揃えた家具は、そうそう買いなおす機会に出会えません。家電はある意味消耗品ですが、家具はめったに壊れないので長く使用することになるからです。今は、粗大ゴミと化した不要な家具を処分するにも費用がかかる時代です。慎重に自分にあった家具を選びたいものですね。

最低限・これだけは揃えたい家具は?

  • ベッド
  • 布団一式
  • テーブル&イス類
  • ラグやカーペット類
  • カーテン
  • チェストやラック等の収納家具類
  • 衣類収納家具

ベッド(用意したい予算:1万円~)

ベッドを使用しない場合この費用はかかりませんが、フローリングの場合はベッドが必須となります。畳の場合は大丈夫ですが、フローリングの場合、直に布団を敷くとカビの原因にも!フローリングでベッドを使用しない場合は、すのこマットを使用したり等、工夫が必要です。

さて本題のベッドですが、用意したい費用は1万円~といったところでしょうか。シングルサイズのパイプベッドなら1万弱で購入できるものもあります。タイプはさまざまで、「リクライニング機能のついたもの(1万円~)」や、「柵が片側のみアーチ型についているソファ兼用タイプのもの(2万円~)」、「スペースを有効活用できるロフト型のもの(2.5万円~)」など、パイプベッドといっても種類がいろいろあります。

木製フレームのベッドの場合は商品によって価格の幅もあり、安いものなら1万5000円程度からありますが、高いものだと6~7万するものも。そして別途、ベッド用のマットレスが必要となります。この場合、敷布団が不要となります。マットレスも価格幅が大きく、安いものなら1万程度からありますが、高いものでは10万くらいするものも。寝心地に関係してきますが、予算に応じて選びましょう。

また、ソファベッドは1万5000円程度から購入できます。ただ、現実的にはソファとベッド、両方の機能を使うのは難しいかと。毎朝、布団を撤去し日中はソファとして使用し、就寝時に布団をセットする作業を365日続けられる方ならフルに機能を活かせるかもしれませんね。

布団一式(用意したい予算:1万円~)

布団は掛敷セットになった物が7000円程度から購入できますが、別途、冬場には毛布が。夏場には肌布団やタオルケットが必要となってきます。毛布は安いものでは1500円~2000円程度で購入できますが、薄いです。肌布団やタオルケットは1000円程度~購入できます。

また、枕(500円~)や枕カバー(500円~)、敷布団カバー(1000円~)、掛布団カバー(1000円~)も必要となってきます。

木製フレームのベッドでベッド専用マットレスを使用する場合は、敷布団の代わりに敷パッド(1500円~)と、ベッド専用の敷カバー(1000円~)が必要となります。また、敷パッドと敷カバーが一体になったものも販売されていてこちらも便利です(3000円~)。

テーブル&イス類(用意したい予算:2万円~)

食事をするとき、勉強するとき等、あらゆる場面で使うテーブル&イス類です。安くあげるならコタツの一択でしょうか。おしゃれなロータイプやハイタイプのテーブルを置きたいとは思いますが、あまり現実向きではありません。

◆おすすめな組み合わせ

  • こたつ×座椅子(価格目安:5000円+5000円)
  • こたつ×ソファー(価格目安:5000円+10000円)
  • デスクコタツ×椅子(価格目安:10000円+10000円)

いずれも別途、こたつ掛布団が必要となります。たいてい掛敷セットで販売していますが、価格は5000円程度から。ただし最近では、1Rの場合、畳の部屋よりフローリングの部屋の割合が非常に多くなっていますので、こたつを置くのに抵抗のある方もいるかもしれません。その場合はデスクコタツをおすすめします。テーブルにヒーターがついており、専用椅子とセットで販売されているものもあります。この場合、こたつ布団もデスクコタツ専用のものを揃えましょう。専用こたつ布団の価格目安は1万円程度から。

ラグやカーペット類(用意したい予算:1万円~)

畳の場合は不要ですが、フローリングの場合は、ラグやカーペットを敷いたスペースを作ると落ち着けるでしょう。先にあげた、「コタツのすすめ」ですがラグやカーペットを敷いた場合は、こたつ敷布団が不要となります。掛敷セット売りが多いのは難点ですが、こたつ敷布団はズレるのであえて使わず、ラグやカーペットを敷くことをおすすめします。

カーテン(用意したい予算:2000円~)

窓の有無、窓の数にもよりますが、安いものでは2000円程度から購入できます。購入時の注意点としては、サイズを間違えないことでしょうか。また、断熱効果のあり保温性の高いものや、花粉をキャッチするもの、遮光性の高いものなど種類もさまざまです。予算、用途に応じて選びましょう。

チェストやラック等の収納家具(用意したい予算:5000円~)

収納すべき物がどれだけあるかにもよりますが、安くあげたければカラーボックスをフル活用しましょう。ひと昔前は、カラーボックスといえば3段のものしかありませんでしたが、今は様々なタイプが出ています。徹底的にカラーボックスを活用していけば、5000円程度に収めることも可能だと思いますよ。

衣類収納家具(用意したい予算:6000円~)

一人暮らしですのでタンスは不要だと考えます。ここでは、プラスティックの衣装ケースをおすすめします。引き出しタイプのものは一つ2000円程度~ですが、それでも引き出しタイプをおすすめします。積み重ねることができるので押し入れ内に設置したり、またパイプベッドの場合はベッドの下に収納することも可能ですね。ベッドに収納が付いたタイプを購入する方はこちらは不要となります。

また、衣類の保管には防虫剤が必要不可欠となります。面倒な方も、ドラッグストアなどで「1年防虫」が売っていますので、後々、泣くことがないよう防虫剤は入れておきましょうね。

あれば助かる家具類は?

そのほか、必要となってくる家具はそれぞれの生活スタイルにより異なりますが、テレビを置く人はテレビ台が必要となってきますし、デスクトップパソコンを置く人はPCデスクが必要となってきますね。

また自炊の有無や、台所周りの家電の数によっても異なりますが、台所周りの家電(炊飯器・電気ポット・電子レンジ・オーブントースター等)を置く場所も必要となってきます。

パイプ・レンジ台(ラック)のすすめ

新しい家電を並べるのですから、キッチンボードを置いたり、キッチンカウンターを置いたりしたいものですが、一人暮らしにはそれらを設置する余分なスペースは生まれないと思います。ですので、レンジや炊飯器等、キッチン家電を一括して収納でき比較的安価なレンジ台(ラック)をおすすめします。

おすすめするのはパイプで出来ているタイプのレンジ台です。簡単に組み立てることができ、安価です。(一通り収納できる機能をもって5000円程度~)

そのほか、生活していけば必要なものが出てくるかもしれません。とりあえず、上記の家具を揃えれば生活をスタートできると思います。また、目安として表示した価格は2017年2月現在ネット通販価格にて調べたものです。価格は変動しますのでご了承ください。